>info>店舗デザインが人気を左右する!居心地のいい空間を作る

店舗デザインが人気を左右する!居心地のいい空間を作る

店舗

店舗デザインを依頼する際に気をつけたい事

名古屋にはたくさんの設計事務所やデザイン事務所がありますが、店舗デザイン依頼する際には、必ず決定事項は書面に残しておくようにしましょう。あとで納得がいかない箇所が見つかった場合、言った言っていないの水かけ論となることがあります。店舗のイメージも、きちんと図面に起こしてもらい目視してから決定するようにしましょう。

店舗デザインをこだわるべきポイント

お店

店の顔ともいえるエントランス

エントランスはお客さんに一番目に付く場所であり、主客力の要となります。店内が見える方が良いものの、中のお客さんが居心地の良いように配慮した造りにする必要があります。

居心地の良い環境を作る座席の位置

飲食店の場合、座席の数が多いほど収容人数も増え売り上げに繋がりますが、隣の席と近すぎたり、窮屈な印象であると居心地を悪く感じさせたりしてしまいます。ニーズに合わせた座席の配置をすることが必要です。

動線を配慮したデザイン

店舗内の人の流れがスムーズでないと、居心地の良い環境とは言えません。スタッフが動きやすい動線、お客さんが移動する際の動線などを考慮に入れて、全てにおいて最も効率的なデザインにするのがベストです。

コードを内装に組み込む

空調や電気工事をすると、コードが外にでてしまい美観を損なってしまうことがあります。設備工事と内装工事は同時に行い、コードも内装に組み込めるような適切なデザインにする必要があります。

コンセプトに合ったデザイン

店舗にはそれぞれコンセプトがありますが、それに合わせたデザインにすることも大事です。事業内容とかけ離れた店舗デザインでは、コンセプトがうまく伝わらず思うような集客が得られないこともあります。