>Column>環境のことを考えるならバイオマス発電について知っておこう

環境のことを考えるならバイオマス発電について知っておこう

バイオガス

バイオマス発電の特徴

バイオマス発電は、その名の通りバイオマスを用いて電気を作り出す発電方法です。仕組みとしては火力発電と同じで、初めに燃料を燃やすことで発生した熱エネルギーによって水を熱して水蒸気を作り、その水蒸気でタービンを回して電気エネルギーに変換する、という一般的な仕組みです。ただし、初めの熱を発生させる燃料として、石油や天然ガス等の化石燃料に代わり、バイオマス燃料を用いるという部分が、このバイオマス発電の最大の特徴です。バイオマス燃料としては、基本的には固体燃料になりうるもの全てが使用可能ですが、現在のところ、生ゴミ・可燃ゴミ・木屑・汚泥・家畜糞尿といったものが実際に使用されています。なお、これらのうち汚泥や家畜糞尿等は発酵させた後、ガス化してタービンを回すことで発電しています。

バイオガス

導入するメリット

バイオマス発電のメリットは、いわゆる再生可能エネルギーであることです。従来、廃棄するしかなかった木材や動物の糞尿のようなゴミを国内の資源として再利用し、新たなエネルギーを生み出すことが可能です。これまでは、全て焼却処分するしかなく、二酸化炭素を大量に生み出していたゴミでしかないものが、新たな電力の原料となるわけです。しかもこの原料は、本来焼却処分されるものであるため、バイオマス発電の原料にしても二酸化炭素の排出量は変わりません。つまり、この循環型のシステムは、エネルギー資源に乏しい日本にとって、数少ない安定的に利用できる、それでいて環境にも比較的優しい発電法であるのです。また、バイオマスは有機物、特に植物を利用している場合、排出される二酸化炭素の量と吸収させる二酸化炭素の量を同じくする、いわゆるカーボンニュートラルの特性も持っています。つまり、全体で見ると二酸化炭素の量は変化しないことになり、化石燃料の一部でも代替できれば、地球温暖化防止対策にもなるとして、注目を集めています。