太陽光発電の仕組み

太陽光発電は、設置したパネルに太陽光が降り注ぐと、パネル内で構成されている半導体の電子が動き、電気が起こる仕組みです。パネル部分は太陽電池と呼ばれますが、蓄電する機能はなく発電機として作動します。太陽からの光エネルギーを直接的に電力に変換するのです。この現象は、光電力効果と呼ばれています。発電力は、シリコン系、化合物系、有機系などによって異なります。

回転式と野立てシステムを比較

回転式は発電力が高い

回転式は太陽の動きを追って360度パネルが回転するため、効率的に光エネルギーを得られるため発電力が高くなります。季節ごとの太陽の傾斜などにも対応できるほか、積雪も傾斜を変えて落とせるなど、発電力だけでなくメンテナンスが便利なのも特徴的です。

野立ては設備投資が割安

野立て式は、発電力は回転式に劣るものの一定の電力が得られ、初期の設備投資も回転式よりも割安です。回転式は新しいシステムなので設備投資費用が高くなってしまいます。設置の角度を工夫することによって、高い電力が得られます。

農地を活用しよう

太陽光発電を事業にまで発展させるには、大きな土地が必要となりますが、農地を活用するソーラーシェアリングが注目を集めています。ソーラーパネルの下で作物を育てられるので、農業と売電による2つの収入が得られるのもメリットです。

ソーラーシェアリング検討中の人から寄せられる質問

ソーラーパネル

ソーラーシェアリングで農作物の収穫量は落ちないのか?

農作物の発育には日光、水、温度が重要なポイントとなりますが、パネルの遮光率さえ35%以内に保っていれば、ほとんどの農作物の発育に影響は出ません。ソーラーシェアリングで収穫実績のある作物は、大豆、ほうれんそう、さつまいも、トウモロコシなどがあります。

宮城で太陽光発電設置を成功させたいならプロに相談すべし!

ソーラーシェアリング始めるなら専門業者に依頼しよう

ソーラーパネル

ソーラーシェアリングの利点

ソーラーシェアリングは農地を有効活用して安定した副収入が得られるのがメリットです。また、太陽光発電は燃料を必要としないため、排気ガスや二酸化炭素などの有害物質を出す恐れもなく安心して設置できるというメリットもあります。シンプルな発電方法なので故障もしにくく、他の発電法よりもメンテナンス費用が掛からないのも利点でしょう。電力会社の買取価格は契約期間中に変動しないため、収入を予測しやすいというメリットもあげられます。

屋根

ソーラーシェアリングの始め方

ソーラーシェアリングは、業者探しから始まります。いくつかの業者と連絡を取り、実際にソーラーシェアリングができる土地であるのかなどを調査してもらった後、見積もりを出してもらいます。それと同時に、農林水産省や都道府県知事など、各所に設備設置の申請手続きを始めます。設備設置の許可が出たら、見積り金額に納得した業者と契約して、太陽光発電装置の設置を行います。施工が完了したら、電力が発電され、電力会社に電気を売ることができます。